豊中市・庄内で整体なら「庄内整骨院」

今回のテーマは。『痺れが起こる理由』です。
背骨の骨そのものや、背骨の中を通る神経が何らかの原因で傷んでしまうと手足が痺れるなどの症状が現れます。
背骨の中には、脊髄と呼ばれる脳からの指令を伝える神経が通っています。痺れが起こる原因の一つとしては、背骨の骨の間から出ている知覚神経が圧迫されることで痺れが起こります。
つまり、普段の日常生活での姿勢や作業で首や腰に負担がかかり続けると首の頚椎や腰の腰椎から出る神経が圧迫されて痺れを感じます。神経の圧迫は、背骨の骨の間で圧迫されるだけでなく手足につながる関節や表面と深層の筋肉の間の部分でも筋肉疲労から神経が圧迫されて痺れが起こります。
ですから、普段の生活や仕事する時の姿勢や動きで腕や足の筋肉が、長時間の緊張状態が続くことで痺れを作ります。同じ姿勢でスマホやパソコンの操作を続けると首や腰の骨から出る神経を圧迫して傷つくことで痺れが現れます。
解決方法としては、首や腰に負担を掛けない椅子や机を使用しながら座面も活用します。パソコンやスマホ画面の高さや角度も重要です。さらに、温熱療法で首や腰の血流を良くすることで悪化を防げます。
しかし、それでも痺れが軽減しなければ庄内整骨院での手当を受けることをお薦めします。当院では、エボフレックスを使用して骨と繋がる深層の筋肉の血流を上げながら同時にB&Mゆがみ整体法で背骨、骨盤のゆがみも減らしていきます。痺れでお困りの方は、当院までご相談ください。

豊中市・庄内で整体なら「庄内整骨院」 PAGETOP