豊中市・庄内で整体なら「庄内整骨院」

今回のテーマは、『足を温める効果』です。

足の冷えを訴える方は意外に多く、冷えを感じる方の8割以上が足の冷えを自覚しています。特に最近では、女性だけでなく男性や子供で足の冷えを訴える方が増えています。

足が冷えると寒さを感じるだけでなく、足先がしびれたり痛くなり血液の循環が悪いことでしもやけになったり水虫などの感染症から眠れないなどの症状に発展します。

では、足の冷えの原因と対策について考えてみます。足が冷える原因として一番多いのは、運動不足と言われています。足の筋肉、特にふくらはぎは第二の心臓といわれており、足先の血液を腎臓に戻すポンプの役割をしています。

このため、運動不足が続くと足先の血流が悪くなり、足が冷えると同時に足がむくみ易くなります。また、筋肉は運動により熱を生み出すため運動不足になると熱の産生が下がり冷え易くなります。

さらに、ストレスも足が冷える大きな原因です。ストレスは、自律神経(交感神経)の亢進した状態です。自律神経の亢進は足先の血管を収縮させることが知られていて、仕事や人間関係でストレスが続くと足先の血流が低下して身体の中心(内臓と脳)の体温が下がることからさらに血管が収縮して身体の中心(内臓と脳)に血液を集めようとして足先の冷えが強くなる悪循環に向かいます。

では、対策ですが手軽に出来る運動として壁や椅子に手を置きゆっくり息を吐きながら背伸びしてつま先立ちを3秒間行います。これを10回程行います。この運動でふくらはぎの筋肉が鍛えられ冷え解消の効果もでます。また、足の内くるぶしや膝裏を温めることで血管が拡がり身体にリラックス効果が出て冷えを解消出来ます。但し、運動や身体を温めることを続けても足の冷えが軽減しなければ迷わず整骨院での手当を受けることをお勧めします。

庄内整骨院では、電気トルマリンを使用して身体の筋肉を温めながら血流を良くして手技による施術で足の冷えや筋肉の緊張を減らして身体の不調を取り除いていきます。足の冷えでお悩みの方は、一度当院までご相談ください。

豊中市・庄内で整体なら「庄内整骨院」 PAGETOP